私たちの影響力

奉仕活動の足跡‐クラブが世界のどこにあろうと、国際キワニスの全てのクラブの中心は奉仕活動です。キワニス会員は毎年、約15万の奉仕プロジェクトを実施し、600万時間以上 の奉仕活動を行っているほか、地域や家族、プロジェクトのために約1億700万米ドルの資金を調達しています。また、キー・クラブの会員は毎年、1,200万時間 の奉仕活動を行い、CKIの会員は50万時間の奉仕活動を行っています! アクション・クラブの会員も毎年、9万2,000時間を奉仕活動に費やしており、彼らが1年間に行う奉仕活動の時間を合計すると、1,800万時間以上にものぼります!

The Eliminate Project‐キワニス会員とキワニスクラブは、精神発達遅滞の主因であり、予防可能な病気でもある、ヨウ素(ヨード)欠乏症を世界から撲滅するため、1億米ドル以上の寄付を行いました。キワニスは再びユニセフと協力して、世界の子ども達に対する新たな脅威に立ち向かっています。国際キワニスは2010年6月に、「エリミネイト・プロジェクト:キワニスは妊産婦・新生児破傷風を撲滅します」を発表しました。このプロジェクトは、2015年までに1億2,900万人の母親とその将来の赤ちゃん達をこの病気から救うことを目的としています。

世界奉仕プロジェクト‐キワニス会員とキワニスクラブは、精神発達遅滞の主因で予防可能な病気でもある、ヨウ素(ヨード)欠乏症を世界から撲滅するため、1億米ドル以上の寄付を行いました。

キワニス・ワンデー‐キワニス会員は年間を通じて、自分達の地域社会のために活動しています。ただし、世界中で実践的な奉仕活動を行う日として毎年4月に行っているキワニス・ワンデーではキワニス・キッズビルダーズ・クラブキー・クラブ国際サークルKアクション・クラブやキワニスクラブなど、全てのキワニス・ファミリーのプログラムが参加して、地域社会のために奉仕活動を行っています。会員達は遊び場の整備や地元の保護施設のボランティア、食品倉庫の在庫管理など、子ども1人ずつ、地域社会一つずつから着実に始め、遂には世界に変革をもたらすあらゆるプロジェクトに取り組んでいます。