Banner Image

The Eliminate Project

See how we're changing the world

Banner Image

Kiwanis One Day

Fighting hunger at home and in Haiti

Banner Image

Kiwanis Objects

Our values have remain unchanged for decades.

よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 夢の車

    2 23, 2015
    改造車:ガレージに集まり、障害を持つ子ども達のために電池式の車を改造するキワニアン、エンジニア、そして理学療法士。

    あなたのドリーム・カーは? ジェームス・ボンドのアストンマーチンDB5ですか? ジャガーEタイプですか? モーターのついた最新モデルを改造したマーダーかもしれません。イリノイ州リバー・フォレスト/オーク・パーク・キワニスクラブは、市販のおもちゃの車をお金をかけずに改造して、ダウン症、脳性まひや脊椎披裂などの障害を持った子ども達の夢のドライブを可能にしています。

    クラブの設立者の1人であるアルン・ジャヤラマンは、「ゴー・ベイビー・ゴー」という、デラウェア大学の研究者とデザイナーのコール・ギャロウェーが立ち上げたプロジェクトのことを知りました。バッテリーで動く車を、子どもの障害によって手や足、ヘッドレストなどで操作できるように改造しています。

    シカゴのリハビリテーション施設のマックス・ネーダー・リハビリ・アウトカム・センターのディレクターであるジャヤラマンは、このプログラムをイリノイ州に持ってきました。リバー・フォレスト/オーク・パーク・キワニスクラブが、小さい車3台、大きい車を1台、食料および材料の資金を供給しました。

    重要な改造の1つがペダルの配置です。

    「手足を動かせない子ども達には、ヘッドレストで車を動かせるように改造します。」と、ジャヤラマンは言います。「ヘッドレストに対して体を動かすことで、車が動きます。自分達の力で動かせることにとても喜んでいます。」

    アクアポール、塩化ビニルパイプなど改造に必要な基本材料でおよそ100米ドルかかります。ていねいなマニュアルも用意されます。このマニュアルはエンジニアややる気のあるメカニックのプロの仕事のスピードアップに役に立ちますが、必ず必要なものではありません。

    「精神的肉体的障害を持つ子ども達は、遊び場で取り残されることが度々あります。」と、ジャヤラマン。「子ども達は他の子ども達についていけません。社会的孤立やコミュニティ内での孤立を生みます。日々の生活で、この子ども達が他の子ども達と一緒に遊ぶことは困難です。」  (敬称略)
    文責:キャシー・アッシャー
    Full story
  • 特別プロジェクト:スイート・ウォーク

    2 23, 2015
    シェフ、キャンディー職人、パン職人やアイスクリーム屋さんが作ったお菓子のサンプルをほおばり歩くチョコレート・ウォークの参加者達。

    自分の店、シンクシルクでアリス・ブラッケンは、マラスキーノチェリーを1つ、溶かしたチョコレートに漬けて、スライスしたアーモンドを2枚を加えて、かわいくて甘いチョコレートのねずみを作ります。ペンシルベニア州のリティッツ・キワニスクラブは、ブラッケンの人気スイーツと、25人の以上のチョコレート職人が作ったスイーツで、特別プロジェクトを立ち上げ、毎年5万米ドル以上を地元の図書館、シュレイバー小児センター、ランカスター口蓋裂クリニックやその他多くの慈善活動ために調達しています。

    この特別プロジェクトはキワニスの重要な活動の1つで、とても人気があり、地域社会内外でクラブの評判を上げ、評価されているプログラムです。特別プロジェクトはクラブ会員を強化し、I-Planという国際キワニス戦略的計画の重要な要素の1つです。

    チョコレート・ウォークによって、リティッツのキワニアンやマンハイム・タウンシップ高校を始め、様々なチョコレートのスイーツを用意してくれる地域のトップ・シェフ、キャンディー職人、パン職人、そしてアイスクリーム屋さんが1つになります。キワニスマガジン2013年12月号に掲載されているこのスイートな資金調達活動について詳細をご覧ください。iPadおよびアンドロイドのアプリのでは、ビデオで延長バージョンをご覧いただけます。

    「私達のクラブは小さいですが、この13年間で入会してくれた会員の多くは、このチョコレート・ウォークのおかげで入会してくれています。入会の主な理由は、地元の小売店は、このウォークが町や自分の商売にもたらす利益を評価していたり、イベントを成功させる力のある組織の一員になりたいと様々です。」と、ウォーク委員長のマーティー・フリーマンは言います。「アリス・ブラッケンは、このウォークの看板娘です。彼女は、正規のキワニアンで、春に行う私達のもう1つのイベントであるリティッツ・プレッツェル・フェストの立ち上げに協力してくれました。」

    「町の中心にチョコレート工場があり、とてもラッキーです。また、私達の会員であるキャシー・ブランケンビラーは、ウィルバー・チョコレートで働いているチョコレート・アーチストです。彼女は、この10年間、すばらしく、そして巨大で食べることができる風景を作っています。このウォークの目玉でもあり、私達のイメージにもなっています。」

    リティッツの街角でその評判を聞くことができます、とフリーマン。実際に女性2人がこんなことを言っていたというのです。「1人の女性がもう1人の女性に、『チョコレート・ウォーク、大好きだわ。私の好きなこと3つとも一度にできるから。買い物でしょ、チョコが食べれるでしょ。そして、ウォーキング。』と言っていました。」

    ほかにもクラブが行っている特別プロジェクトを紹介します。キワニスマガジン2015年4月/5月号をお楽しみに。
    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援キワニス会員が行っているエリミネイト・プロジェクトのための創造的な資金調達活動を見てみましょう。