Banner Image

The Eliminate Project

See how we're changing the world

Banner Image

Kiwanis One Day

Fighting hunger at home and in Haiti

Banner Image

Kiwanis Objects

Our values have remain unchanged for decades.

よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 美しさに年齢制限なんてない

    8 13, 2014
    スコット・ヘルス・アンド・リハビリテーション美人コンテスト出場者と大会成功を祝う役員。

    ジョージア州のスウェインズボロ・キワニスクラブが美人コンテストの参加者をエスコートするボランティアを募ったところ、会員からの応募が殺到しました。クラブ会員にとって、第2回スコット・ヘルス・アンド・リハビリテーション美人コンテストで、老人ホーム入居者の方々のお手伝いができることは大変名誉なことでした。

    「女性の入居者の方なら、誰でも出場できます」とイベント・コーディネーターで、スウェインズボロ・キワニスクラブの会員のケイ・ピーコックは言います。

    審査員は、ミズ・コンジニアリティのほか、準優勝者2名と、スコット・ヘルス・アンド・リハビリテーション・クイーンを選びます。今年の優勝者は、91歳のキャサリン・ソールズ氏で、ジョージア・ヘルスケア協会美人コンテストジョージア全州大会への参加資格を獲得しました。この大会は、ジョージア州アトランタのピーチツリー・キワニスクラブの一部後援によって運営されています。

    ヘルスケア協会は、このコンテストで老人ホーム入居者のポジティブなイメージを発信し、入居者の方々が充実した人生を送るきっかけ作りをしたいと考えています。

    「コンテストの実施については、地元から感謝の声が年中寄せられています。」と、ピーコック氏。「たくさんの地域住民がコンテストに来場してくださいますし、もちろん参加者のご家族の皆さんもお越しになります。また、この施設の宣伝にも効果を発揮しています。なにより、参加者の方々がとてもかわいいんです!」  
    文責:シンディー・ダッシュノー
    Full story
  • 市のスポーツ・スターを祝う晩餐会

    8 13, 2014
    グェルフ・スポーツ栄誉の殿堂晩餐会で、ホッケーの名選手マリー・ドライデンと同席するラクロスの名選手、ボブ・ウォトスン。
    オンタリオ州のグェルフ・キワニスクラブは、町の伝説的なスポーツ選手を称えるイベントを20年以上開催しながら、社会に還元する活動で地域貢献しています。

    このイベントは、1987年に3名のキワニアンが、資金調達活動の一環として晩餐会を開いた際、多数の参加者を募るために、有名スポーツ選手を招いたことに端を発します。そして5年後、クラブは、グェルフ栄誉の殿堂の後援をするため、市とパートナーシップを結びました。クラブの毎年恒例イベントとなったスポーツ・セレブリティ・ディナーは、現在では毎年新しく殿堂入りするスポーツ選手のセレモニーと同時開催され、多くの参加者で賑わいます。

    このディナーの収益金は約2万カナダドルで、様々な地域社会プロジェクトを支援しています。中でもキャンプ・ベルウッドが主な支援先で、障害を持つ子どもと成人を対象にしたサマーキャンプに活用されています。
     
    「私達の収益のほとんどは、栄誉の殿堂からのチケット販売等を主な財源としています。」と語るのは、第1回の晩餐会開催に協力し、1993年から栄誉の殿堂に関する役員会のメンバーも務めるキワニアンのウェイン・マイゼン氏。「あらゆるレベルでスポーツの振興に協力する必要性を感じました。」

    グェルフ・キワニスクラブでは、栄誉の殿堂の資金活動に加え、スペシャル・オリンピックスや高校生アスリートの支援も行っています。同クラブでは、毎年晩餐会で、市の優秀な高校生アスリートの表彰も実施しています。

    6月の晩餐会で、殿堂入りを果たした4人と1チームは以下の通りです。インドア・ラクロスのゴールキーパーとして活躍する「ウィッパー」ことボブ・ワトソン、退役軍人アスリートのトーマス・マッケナ、ホッケーと野球のコーチ兼スポンサーであるロブ・ホロディー、ホッケーの審判を務めるジェームス・キング、そして、オンタリオ州野球協会州大会でグェルフのチームとして初優勝を果たした1960キワニス少年野球チーム。今年の新規加入者を含めると、1993年に開催された初の殿堂入りセレモニーからの通算で、殿堂入りを果たした個人と団体の合計は、18チームを含む116件となりました。

    文責:マイケル・ジャクソン

    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援キワニス会員が行っているエリミネイト・プロジェクトのための創造的な資金調達活動を見てみましょう。