Banner Image

The Eliminate Project

See how we're changing the world

Banner Image

Kiwanis One Day

Fighting hunger at home and in Haiti

Banner Image

Kiwanis Objects

Our values have remain unchanged for decades.

よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 川でダンス

    3 18, 2015
    Fiesta Noche del Rio is a cultural excursion through Mexico, Argentina, Spain, the Caribbean and the United States.

    テキサス州のサンアントニオには、毎年3,000万人もの人が訪れます。2013年、サンアントニオは、雑誌「Travel + Lesiure」にアメリカのコミュニティの中で、手頃な保養地として3位に選ばれました。他にも、「ボートに最も適した町」や「バレンタインデーに適した最もロマンチックな町」として賞賛されたり、雑誌「Condé Nast Traveler」では、最もフレンドリーな町の3位に選ばれました。

    数々の賞を受賞しているこのコミニュティには、まだ素晴らしいものがあります。リバーウォークです。毎年1,150万人もの人々を魅了しています。リバーウォークの目玉の1つに、フィエスタ・ノチェ・デル・リオがあります。

    「フィエスタ・ノチェ・デル・リオ」は、本格的にプロデュース、指導された パフォーマンスを披露するミュージカルのようなものです。メキシコ、スペイン、アルゼンチン、カリブ海やアメリカなど様々な文化の歌やダンスで構成されています。」と、58年前にこのフィエスタを始めたサンアントニオのアラモ・キワニスクラブに所属していたハリー・ボーリングは言います。「監督および振り付けを担当するエリザベス・サンチェス・ロペスの下、演者は様々な国々に観客を案内します。」

    このショーは、5月中旬から8月中旬まで28公演行われます。クラブが毎年地元の子どものための慈善活動に寄付をする15万米ドルは、このショーとクラブが行うウエスタン・ヘリテージ・アート・ショーで調達しています。

    「私達のクラブは長年、毎年の夏、リバーウォークに参加しています。そして、ショーの公演期間中、クラブ会員全員、少なくとも3シフト担当するようになっています。こうすることで、私達のコミュニティはキワニスのメンバーに触れる機会が増え、恵まれない人々を救うという私達のメッセージにも触れる機会が増えます。」と、ボーリングは言います。「私達が実際に模範となって活動することで、クラブにとって素晴らしいイメージができるのです。」(敬称略)

    From May into August, the Kiwanis Fiesta Noche del Rio stages 28 performances along San Antonio's River Walk.
    Full story
  • パートナーの力

    3 18, 2015

    Kiwanis members and students celebrate another National Reading Month in the Philippines.

    フィリピンのユナイテッド・ダバオ・キワニスクラブは、「数の力」の理論を実践しています。政府の読書プログラムと小学校と協力して、学生に読み聞かせを行ったり、多くの学生に教科書を提供したりと、(フィリピン)全国読書月間を盛り上げました。

    「毎年行われるこのプロジェクトは、ユナイテッド・ダバオの会員の中心的な行事です。」と、フィリピン南地区ディビジョン7の元事務総長、セリア・ピアンセイは言います。「キワニアンは、楽しんで、ダバオ・シティのF・バンゴイ国立高校で、全ての年齢の子ども達に読み聞かせ、読む練習をすることの重要性も教えます。」

    クラブ会長のルシア・ナタノウアンは、学校の校長であり、キワニスクラブの元会長でもあるリカルド・ボホールの協力を得て、このプロジェクトの指揮を執りました。

    「このプロジェクトにたどり着いた理由は、」と、ナタノウアンは語り始めます。「国際キワニスのリード・アラウンド・ザ・ワールドにと教育部の全国読書月間に通ずるものがあったからです。同じようなプロジェクトを過去にも行い、キワニスのブリング・アップ・グレイズを含め違う形で教育を支援しました。」

    この特別な日に、数名のキワニアンが学校を訪問し、幼稚園児(4歳~5歳)と小学1年生(6歳~7歳)の子ども、120人以上に読み聞かせをしました、とナタノウアンは言います。さらにクラブは、小学5年生と6年生の算数、英語、読書、歴史、科学の教科書を学校に寄贈しました。この教科書は退職した学校の先生やクラブ会員の友達などからクラブに寄付されたものです。

    「学校の子ども達はとても嬉しそうでした。」、とナタノウアン。「子ども達は来年も私達に来て欲しいと言っていました。」 (敬称略)
    文責:ディック・イゼンハー
    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援キワニス会員が行っているエリミネイト・プロジェクトのための創造的な資金調達活動を見てみましょう。