よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 成功にGO!

    11 21, 2016

    マルコ・アイランド・カーショーが記録更新。アンティーク・カーからマッスルカーまで200台のクラシックカーの展示に4,500人が来場。

    マルコ・アイランド・カーショーはいつも幸運に見舞われます。フロリダ州マルコ・アイランド・キワニスクラブにより2005年に始められたこの巨大な野外イベントは、激しい雷雨で有名な州での開催にもかかわらず、いい天気に恵まれています。

    「毎年、快晴です。」と言うのは、元会長のデニス・ピッドハーニー。「私達は本当に恵まれています。雨が降ればショーに必要な車を展示できませんから。」

    このイベントの調達資金から恩恵をうける何百人もの子ども達にとって、天気の良さは素晴らしいニュースです。今年のイベントでは、約3万米ドルを調達することができました。小学校2校の子ども達に2冊ずつ本を購入してあげることができます。ほかのプロジェクトに資金を回すことも可能になります。

    「また、私達の地域にある学校の1校だけですが、その学校の子ども達全員にクリスマスプレゼントを渡します。」と、ピッドハーニー。「子ども1人に付き12米ドルがかかるとして、700人分の資金が必要になります。このお金を何とか捻出しなければいけません。」

    このイベントは12年前に、キワニアンであり、大のクラシックカー好きであるジョン・デローザによる独創的なアイデアから始まりました。

    「新しい資金調達活動を探していたんです。そして、カーショーはどうかと提案しました。」と、デローザは振り返ります。「1977年のコルベットを所有していたことがあり、カーショーに行くたびに、マルコ・アイランドでやっても面白いだろうなと思っていました。そこで挑戦してみたわけです。それから私達の資金調達活動で最も大きなものになりました。」

    1日だけのイベントですが、今年、4,500人が来場し史上最高の来場人数となりました。
    アンティーク・カーからマッスルカーまで200台のクラシックカーの展示に来場者は満足してくれました。1年目は約125台しか車が集まりませんでしたが、現在は、展示スペースがないために、クラブは来場制限をかけなくてはいけなくなりました。

    「イベントの2、3か月前からイベントについて話し始める人もいます。」と、デローザは言います。「島では本当に人気のあるイベントになりました。」

    参加者の皆さんには1人5米ドルの寄付をお願いしています。これがクラブの多くのコミュニティ・プロジェクトの資金になります。考案された当初は成功するかどうか疑わしいイベントでしたが、今はまるで細かく整備されたエンジンのように絶好調です。

    「12年前に始めた時は、誰も来ないと思っていました。」と、ピッドハーニーは言います。「今では、ほぼコミュニティ全体が参加するイベントになりました。」(敬称略)

    文責:サム・ストール

    Full story
  • 音楽による資金活動

    11 21, 2016
    イタリア・ペスカーラ・キワニスクラブの資金調達コンサートで観客を魅了するヴィクトル・ユーゴー原作「ノートルダムの鐘」 写真:アンドレア・ミラッツォ
    イタリア・ペスカーラ・キワニスクラブの資金調達コンサートで観客を魅了するヴィクトル・ユーゴー原作「ノートルダムの鐘」 写真:アンドレア・ミラッツォ

    イタリアのペスカーラ・キワニスクラブの会員達は、2つのピアノのクラシックコンサートを資金調達活動として計画していました。しかし、マグニチュード6.2の地震が2016年8月にイタリア中心部を襲いました。コンサート目前の出来事でしたが、クラブ、演者、主催者、そしてパートナーは話し合いの結果、資金を被災した若者のために調達することにしました。

    ペスカーラのコンサートで地震被災者のために資金調達活動を行うピアニスト、エツィオ・ボッソ。写真:アンドレア・ミラッツォ

    ペスカーラのコンサートで地震被災者のために資金調達活動を行うピアニスト、エツィオ・ボッソ。写真:アンドレア・ミラッツォ

    8月27日、30日のコンサートの準備も最終段階に差し掛かり、人気のある野外円形劇場での開催を待っている最中に、イタリア中心部の丘の上にある小さな村々が地震により壊滅状態になり、8月24日には、がれきの下敷きになった多くの村人の死亡が確認されました。ペスカーラから車で約1時間半のペスカーラ・デル・トロントの小さな村は、多大な被害を受けました。市長によると、ほぼすべての家屋が倒壊したとのことです。何百年の歴史を持つ町が破壊されました。その状態の写真は見るに堪えませんでした。まだ余震の心配がある中、洞窟レスキュー隊が生存者救助のために派遣されました。

    国際的ピアニスト、エツィオ・ボッソを始め、有名で人気のあるクラシックピアニスト達の演奏に耳を傾ける中、観客も救援物資を必要とする子ども達への支援援助を行いました。家を失った村の人達はテント生活を余儀なくされましたが、それでも村の復興のためにがれきを取り除くなど懸命でした。

    クラブのコンサート計画チームの一員であるアンジェラ・カタラーノによると、資金は子どものための学校を建設するために使われる予定で、クラスルームの備品、教科書や筆記用具などを購入します。

    「全てを失った村人達には、もっと援助が必要です」と、カタラーノは言います。

    柔軟で、創造性にあふれた活動と、協力的な姿勢をもったペスカーラのキワニアンが、顕著な影響を与えたコミュニティがまた1つ増えました。(敬称略)

    文責:アリソン・スティルウェル

    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援