Banner Image

History is made

Introducing Susan A. "Sue" Petrisin, the first female president of Kiwanis International.

Banner Image

... And the votes are in!

Watch the winning Kiwanis One Day video.

Banner Image

Centennial Tour

See how Kiwanis is commemorating its 100th birthday on the worldwide Centennial Tour

よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 素晴らしい晩餐

    8 24, 2016

    お客様に運ばれる前に料理をチェックするシェフ(オランダ、アペルドールン)

    ギターが奏でる音楽とテーブルから立ち上る様々な音。膨らむ期待。キッチン・ドアに向けられる視線。おもむろに誰かがメニューを手に取り、大きな声で今夜のメニューを読み上げます。テーブルに座っているみんなが忘れていては困りますから。

    「ドリー・ベレイディンゲン・ファン・ビート。ヘーストリゾット。チョコラデタート。」 オランダ語で紹介された料理は、ビートを使った3種類の料理、大麦のリゾット、そしてチョコレートケーキです。夕食のワインは、サンタ・カタリーナ・シャルドネ、またはネグロ・アマロです。

    シェフがビート料理をチェックするとキッチンに緊張感が走ります。味も大事ですが、今夜はプレゼンテーションも大事です。もちろん、味は素晴らしいものでなければなりません。

    ウェイター達は、配膳の時を今や遅しと待ちわびています。
    このディナーイベントは一夜で3,500ユーロを調達します。これは、アペルドールン・キワニスクラブ(オランダ)が地域のレストランと共同で行うチャリティー・ディナーです。9コースに分かれたディナーは地元で育てられた材料で調理されています。キワニス会員は配膳や片付けを手伝います。

    最近開催したディナーからの収益は、「Stichting Onderwijs Zieke Kinderen Apeldoorn」という入院中の子どもや病気の子どもに対して矯正指導を行っている財団の支援にあてられました。

    「このような収益により、子ども達はインターネットを通じて学校の授業を受けたり、学校の友達と連絡を取り合うことができています。」と言うのは、アペルドールンのキワニアンであるルー・ファン・ノールデン。「この活動は子ども達の自尊心のために大変重要です。」(敬称略)

    文責:ジャック・ブロックリー

    Full story
  • チョコレートがすべてを解決します

    8 24, 2016

    ペサック・レ・グラーヴのキワニスクラブフェアでチョコレートを楽しむ子ども達。

    新設クラブができることは? 2009年にフランスでペサック・レ・グラーヴ・キワニスクラブが、大興奮の元、新設されました。多くのアイデア、奉仕活動の機会がたくさんありました。情熱的な会員もたくさんいました。でも、お金があまりありませんでした。いいえ。実は、お金は全くありませんでした。

    理論的なアプローチを取り、クラブは資金調達活動を行うことに合意しました。簡単に開催でき、しかも様々な慈善活動を支援できるだけの資金を調達することを決定しましたと、チャーター会長であるレネ・ラゲットは言います。

    ふと誰かが、チョコレート・フェアじゃダメですかと、言ったそうです。
    「10人中9人は、チョコレートが好きですよね。」と、ラゲット。「残りの1人は、好きじゃないって嘘を言ってるんです。」

    フェアはすぐに成功しました。チョコレート職人には十分なスペースが与えられ、ココアで作り上げる芸術を十分に展示でき、そしてチョコレートが大好きな皆さんにもじっくりと見ていただけるようにしました。しかし、キワニアンは、フェアの未来はまだ確実なものになっていないと感じていました。

    「重大な失敗があったのです。」と、ラゲットは説明します。「出展者、出品者の皆さんとの約束を守ること、要望を聞き、敬意を払うこと。多くのお客様に来ていただくようコミュニケーションには努力を惜しまないことなど、反省点は多いです。」

    会員がチョコレート・ビジネスに疎かったので、イベント初期にはお客様の期待に沿えない出展者がいました。

    「素晴らしい職人の中からより良い職人の皆さんを選ぶことができるのに5年かかりました。」と、ラゲットは言います。現在、毎年、ショコラティエール・グルマンドゥ協会のグランドマスターが出展者の中から2名に協会への入会式を執り行います。これは殿堂入りと同等の意味があります。

    現在、毎年フェアには6,000人が足を運ぶようになりました。15,000ユーロの出費に対し、チケットの売り上げ、ブースの出店代、スポンサー代でおよそ30,000ユーロの収入があります。(敬称略)

    文責:ジャック・ブロックリー

    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援