よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 1年の中で最高の週

    1 24, 2017

    身体的な障害を持っているキャンプ・ケーシーの子ども達は時間を大切に使います
    身体的な障害を持っているキャンプ・ケーシーの子ども達は時間を大切に使います

    8月に宿舎が閉められると、もうカウントダウンが始まります。興奮した参加者達は来年ワシントン州のウィドビー島で開催されるキワニスのキャンプ・ケーシーの7日間の楽しい活動を既に待ちきれないようです。

    キャンプ・ケーシーは、身体に障害を持つ6歳から17歳の子ども達がサマーキャンプを経験できる場です。このキャンプを開催するために必要な年間資金の45,000米ドルは、ノース・セントラル・シアトル・キワニスクラブと地元のスポンサーで全て補われてきました。このサポートで毎年100人の子ども達がキャンプに参加することができます。

    85年間毎年夏に行われているキャンプは、脊椎披裂、切断、脳性まひや筋ジストロフィーなどの障害を持つ子ども達のために安全な相互活動を提供しています。子ども達は身体的な限界があるという特徴づけはされません。一個人としてそれぞれ接せられます。子ども達には乗馬をする機会が設けられ、一芸を披露する場やゴーカートレース、そしてフォーマルなダンス大会などにも参加できます。

    キャンプ・ディレクターであるバーバラ・ウィリアムスは、このような経験がキャンプ参加者に与えるインパクトを知っています。

    「子ども達は同じような障害を持つ子ども達と一緒ですし、一人でもできるということを感じることができます。」と、ウィリアムスは言います。「カウンセラーと参加者は特別な絆で結ばれています。」

    ウィリアムスのボランティア活動は、ティーンエイジャーの頃から始まりました。また、このキャンプのコミュニティでの素晴らしい価値を評価しています。

    「奉仕活動、喜び、そして友情です」と、ウィリアムス。「良い人生とはそういうことです。」(敬称略)

    文:リディア・ジョンソン
    Full story
  • 思いやりが詰まったパッケージ

    1 24, 2017

    ウォリンフォード・キワニスクラブは、化学療法を受けている患者さん達に安らぎと思いやりを提供できるアイテムのキットを届けます。
    ウォリンフォード・キワニスクラブは、化学療法を受けている患者さん達に安らぎと思いやりを提供できるアイテムのキットを届けます。

    化学療法を受けている子どもにとって長期間の入院は、不安と治療の副作用との闘いの日々です。コネティカット州ウォリンフォードのキワニス・ファミリーは、そんな子ども達に役に立つ方法を思いつきました。

    「子どものための化学治療対策キットは化学療法による副作用の管理の一翼を担うために作成され、子ども達とその家族の方々のストレスを少しでも軽減できるようなものを提供しています。」と、ウォリンフォード・キワニスクラブの事務局長であるダイアン・デリベロは言います。

    キワニスクラブのデリベロとケイトリン・フリンは化学療法キットプロジェクトをけん引し、パーカー・ファームズ小学校、ヤルズビル小学校、ロック・ヒル小学校、モーゼス・Y・ビーチ小学校とライマン・ホール・キー・クラブに応援を要請しました。全員で力を合わせ、ウォリンフォードのキワニス・ファミリーは200キット以上用意できるだけのアイテムを収集しました。

    「5月を寄付の月として設定しました。」と、デリベロは言います。「それぞれの学校がポスターを作成し、校内に張り巡らせ、プロジェクトを宣伝しました。安らぎを与えるアイテムや遊びに使うアイテム、化学療法の副作用を紛らわせるアイテムをお願いしました。」

    キットには、ぬいぐるみや気持ちの良い靴下などの安らぎのあるアイテムが1つ、携帯ゲーム機、塗り絵、パズルやシールなどのおもちゃや遊べるアイテム、吐き気を和らげるようなキャンディー、ティッシュペーパー、ハンド除菌用ジェル、リップクリームなど様々なアイテムが入っています。コネティカット州ニューヘイブンのイエール・ニューヘイブン子ども病院小児入院患者血液・腫瘍科ライフセンターに、これらのキットは寄付されました。

    チャイルド・ライフ・スペシャリストであるキャラ・グラネトは、キットは患者である子ども達とその家族に快く受け取られた、と語ります。

    「入院患者だけではなく、通院患者の子ども達にも配りました。」と、グラネト。「私達の小児患者には素晴らしいキットでした。特に長期入院の患者には素晴らしい贈り物で、家から離れている子ども達に安らぎを提供しました。小児患者の多くは吐き気を経験しています。キットに入っていたキャンディーのおかげで吐き気が和らいだ子どももいました。ゲームもその他のアイテムも年齢に合ったもので、みんな楽しく遊ぶことができ、治療から気をそらすには最適でした。」

    「キットは本当に素晴らしいものでした。入院生活を通常の生活に近いものにしてくれましたから。」と、グラネトは言います。「キワニスクラブとのコラボレーションは、いつでも大歓迎です。」(敬称略)

    文:タマラ・スティーブンズ
    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援