Banner Image

History is made

Introducing Susan A. "Sue" Petrisin, the first female president of Kiwanis International.

Banner Image

... And the votes are in!

Watch the winning Kiwanis One Day video.

Banner Image

Centennial Tour

See how Kiwanis is commemorating its 100th birthday on the worldwide Centennial Tour

よい行いでいい気分

地域の人々と知り合いになる方法をお探しですか。他人とつながりをもって、人生を変えるプロジェクトに参加したいですか。それなら、ここがあなたの求める場所です。キワニスは、お住まいの地域における友達作りと、地域貢献のための組織です。

その全ての目的が、どうやって一度に実現するか、お見せしましょう。

子ども達も立派な人員です。

子ども達でも、人助けのためなら驚くほどすごい力を発揮できるものです。キワニスは、世界最大の青少年奉仕活動の拠点になっています。私達の支部クラブプログラムは、小学生やトゥイーンズ(8歳から12歳)、ティーンエイジャーにも、奉仕やリーダーシップを通して影響を及ぼす活動の機会を与えています。

T彼らの活躍をご覧ください。
  • 音楽の授業

    4 15, 2016
    2016年トロント・キワニス音楽祭の演奏者とピアノのテクニックについて話すマギー・モリソン。   写真:ミシェル・ギブソン
    2016年トロント・キワニス音楽祭の演奏者とピアノのテクニックについて話すマギー・モリソン。
    写真:ミシェル・ギブソン


    名前:マギー・モリソン

    楽器:ピアノ

    演奏:3歳からキワニス音楽祭に参加。

    現在:ピアノ教師、トロント王立音楽院スタッフ・コラボレーター。非営利団体「エ キスポージャー・トゥー・ザ・アーツ」を設立し、音楽を通してブランドフォートのコミュニティに貢献している。

    今後の予定:博士号を取得し、プライベート・スタジオをオープンする。
    マギー・モリソンが4歳の頃、オンタリオ州にある優雅なブランドフォートに足を運びました。そこは、ピアノの先生であるバージニア・ブラハの家で、次のように自己紹介をしました。「こんにちは。私はマギー・モリソンです。でんぐり返しができます。」

    彼女はピアノも弾くことができました。

    モリソンは、何千人にも上るオンタリオ州トロントのキワニス音楽祭の参加者の1人です。参加者数は、今年の3月のみで、3万人を超えました。それに加えて、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーからニューファンドランド州セント・ジョンズに至るまで、キワニスが支援しているイベントを経験する学生の数を含めると、キワニスがカナダの音楽コミュニティに与えた影響の大きさをわかってもらえるのではないでしょうか。ゴードン・ライトフット、サラ・マクラクラン、グレン・グールド、ジャスティン・ビーバーやベアネイキッド・レディースの全メンバーがこのキワニスのステージでパフォーマンスを繰り広げました。

    マギー・モリソンもその1人です。

    2016年の音楽祭の審査員として参加するモリソンは、前回彼女が参加した時の経験と彼女の現在について、キワニスマガジンのインタービューに応えてくれました。以下、抜粋です。

    キワニスマガジン:キワニス音楽祭の何が特別なのでしょうか。

    マギー・モリソン:...
    Full story
  • 安全のために叫ぶ

    4 14, 2016
    ハイタッチでウォーワトサの小学生を称える「イェル&テル」のマスコットのスクウォーク
    ハイタッチでウォーワトサの小学生を称える「イェル&テル」のマスコットのスクウォーク

    怒られたくないという恐怖のために、子どもは正しことをすることが非常に難しくなることがあります。その恐怖を払拭するためにできたプログラムが、「まず大声を出し、説明できるようにする」イェル&テル・プログラムです。ウィスコンシン州ウォーワトサ・キワニスクラブの会員であるジーン・デイビッドソンにより作られたこのプログラムでは、小学生の子ども達にわかりやすいようにディスカッションを行い、事故、脅迫、いじめなどの危険な状況を大人に知らせることがいかに重要であるかを教育します。

    デイビッドソンの孫息子のライダーが溺れて亡くなったことがきっかけで、このプログラムを作成しました。現場にはライダーより年上の子どもがいたのですが、躊躇して助けをすぐに呼びませんでした。もし、この子が躊躇していなければ、この不幸は防げたかもしれません。それ以降、「見て、感じて、叫んで、説明する」という合言葉が、多くの学校、消防士、警察官やウォーワトサ西高等学校のキー・クラブなどの奉仕クラブにより世界中を駆け巡りました。

    「このプログラムに参加してもらう目的は、町の子ども達に、成長とともにやってくる危険について知ってもらうことです。」と、キー・クラブの共同会長であるアリッサ・グッドウィリーは言います。「キー・クラブに所属する私達は、ボランティアが大好きですし、命を救うことに繋がるイェル&テルのようなプログラムを通して子ども達を教育することが大好きです。」

    このプログラムでは、イェル&テルのプレゼン用のパワーポイントをカラフルに作成し、プログラムのマスコットでオウムの「スクウォーク」も参加し、危険な状況に出くわした時に大人に知らせることが重要であることを子ども達に覚えておいてもらうように、歌を歌います。本とアクティビティにより、メッセージを何度も繰り返して伝えます。スクウォークも、時折、尾羽を振りながら登場します。

    「プログラムの中で私達が一番好きな瞬間は、子ども達が学んだすべてのことを1つの歌にして歌う時です」と、グッドウィリーは言います。「子ども達が楽しく覚えやすい方法で学んだことを実際に行動に移している様子を見ることができ、いつもワクワクしています。もちろん、スクウォークが登場し、触れ合っている子ども達の顔を見るのもとても楽しいです。

    子ども達は、しっかりとプログラムに耳を傾け、叫んでいます。デイビッドソンは、多くのサクセス・ストーリーを耳にしたと、言います。「イェル&テルでヒーローになった子どもの数は、100人以上になります。」(敬称略)

    文および写真:キャシー・アッシャー
    Full story
クラブを探す キワニス寄付 キワニスマガジンキー・クラブ そして、学生とユースのためのプログラム アクション・クラブ 成人障害者への自立 強化支援