1. ホーム
  2. >
  3. メンバー
  4. >
  5. クラブオープン
  6. >
  7. 公式チャーター書類

公式チャーター事務

新キワニスクラブ開設の最終ステップには、正式な書類手続きと費用の提出が含まれます。この時点で、国際キワニスは新クラブにキーナンバーを割り当て、チャーター証明書を発行し、チャーター式典で使用するアワードを贈呈します。

以下は、新クラブが記入または支払う必要のある書式と費用です。インフォメーションシートを除くすべての項目は、クラブ結成日から30日以内に国際キワニスに提出する必要があります。

新クラブ情報シート: この情報を、結成総会から24時間以内にオンラインまたはファックスで国際キワニス事務局に報告してください。そうすることで、会員サービス部門ができるだけ早く事務処理を行い、クラブをチャーターすることができます。

チャーター・ギフト・キット: 成功のための素晴らしいオプションを多数ご用意しています。チャーター・ギフト・キットには、チャーター・メンバー・ピン、オフィサー・ピン、チャーター・メンバー証書などが含まれています。チャーター・ギフト・キットに必要事項をご記入の上、新クラブ・チャーターに関する書類と費用を添えてご返送ください。

永久組織名簿: 結成会合の日付時点で入会している人の氏名と完全な住所を記入する。入会手続きが完了すると、正式なクラブ名簿が返送されます。

クラブ細則の標準書式: クラブ細則を完成させ、国際キワニスに提出し、審査と承認を受けます。承認されると、クラブ細則にオンラインでアクセスできるようになり、いつでも細則を更新することができます。

雇用者番号(EIN): 米国内のクラブは、開会の際に雇用者番号を国際キワニスに報告する必要があります。クラブは内国歳入庁にEINを申請し、内国歳入庁は承認後EINを発行します。オンライン申請フォームに必要事項を記入し、国際キワニスにEINを届け出てください。

IRSフォーム8976: 米国内のクラブは、501(c)(4)団体として運営する意向があることを通知するために、IRSフォーム8976(該当する手数料を添えて)に記入しなければなりません。

法人設立: 世界のほとんどの地域では、非営利団体は法人化するか、政府当局に登録しなければなりません。クラブは、加盟認証状が発行されてから1年以内に適切な手続きを行う必要があります。キワニスクラブのフォームAやフォームCなど、法人化の標準的な手続きを確認してください。各地域の要件については、地区幹事にお問い合わせください。

ja日本語