1. ホーム
  2. >
  3. メンバー
  4. >
  5. リスク管理
  6. >
  7. リスクマネジメントのバックグラウンドチェック

身元調査方針のベストプラクティス

 安全な雇用ソリューションあなたのクラブに犯罪歴のある身元調査のオプションがありますか。

キワニス用にカスタマイズされたSafe Hiring Solutionsのスクリーニング・プログラムをご覧ください。

身元調査を実施する前に、次のことをお勧めします。 発展途上 クラブの方針以下は その 政策のベストプラクティス 開発.

基本

いつ 方針策定が必要である。:

    • 審査業者の名前と連絡先
    • 身元調査で収集される情報
    • どのように情報を収集するのか(例:政府機関、またはキワニスが提供するような営利目的の審査業者など 安全な雇用ソリューション)
    • 期間中のスクリーニング
    • 結果を誰にどのように伝えるかを明確にすること
    • 身元調査を拒否した会員への結果

また、国際キワニスでは、お客様の便宜を図るため、以下のサービスを提供しています。 方針と手順のサンプルクラブの指導者を導くのに役立つ推奨文言も掲載されています。

情報セキュリティ

ここでは、クラブの身元調査情報を安全かつセキュアに保つ方法を説明します:

    • 暗号化技術を使用せずに、審査報告書を電子メールで送らないこと。通常の電子メールは非常に安全ではありません。
    • 承認書および印刷された報告書は、出入りが管理された施錠されたファイリングキャビネットに保管する。
    • スクリーニングレポートへのアクセスは、ボランティア候補者の決定を下す人物に限定します。Safe Hiring Solutionsは、プライバシーを維持するために3段階のアクセスレベルを提供しています:
      • レベルI: レポートの注文はできるが、完成したレポートの閲覧はできない
      • レベルII: ユーザーが注文したレポートのみを注文・閲覧可能
      • レベルIII: アカウント内のすべてを閲覧可能

記録保持

少なくとも7年間は、クラブの記録の一部としてスクリーニングレポートを保管してください。Safe Hiring Solutionsでは、報告書をオンラインで無期限に保存することができます。

犯罪歴に関する方針

クラブの指導者に、以下のことを指示する。 振る舞い方 犯罪歴が見つかった場合子どもたち、ボランティアの安全 とキワニス会員を最優先すべきである。学区など多くの組織では、違反が会員資格や雇用に与える影響を規定した方針を定めています。以下のカテゴリーは、会員や有給の従業員に対するクラブの方針のモデルとなる: 

  • 除く:意思決定者は、性的暴力、暴力犯罪、重罪窃盗、児童虐待、児童搾取、児童虐待、児童誘惑、麻薬取引、児童ポルノ所持、インターネット児童犯罪などの犯罪で有罪判決を受けた者を除外したいと考えるだろう。 
  • しばらくの間、除外する:飲酒運転、窃盗、麻薬の単純所持、違法消費などの犯罪は、5~10年などある程度の期間が経過すれば、欠格事由に該当しなくなる場合がある。 
  • やめてくれ 必然的に除外される:軽微な移動違反などの犯罪 ダメダメ 必ずしもボランティア活動に影響を与えるとは限らない。 
    ja日本語