青少年保護ヘルプライン

国際キワニスは866-607-セーフ(7233)青少年が危険にさらされる可能性のある、あるいは誰かが危険だと感じるような出来事、状況、行動を報告するための秘密厳守のヘルプライン。このヘルプラインは、米国有数の安全専門家であるPraesidium社との提携により、24時間体制でスタッフが対応している。

誰がヘルプラインを利用できますか?
キワニス会員、奉仕リーダーシップ・プログラム顧問、アクシオン・クラブ、ビルダーズ・クラブ、Kキッズ、キー・クラブ、CKIなどのSLP会員、顧問教員、保護者、北米のキワニス関係者、あるいはキワニスに関わる青少年が危険にさらされていると考えるすべての人。

ヘルプラインはどのような場合に利用すべきですか?
青少年に危害が加えられた、あるいは青少年の安全や福利が脅かされていると思われる場合、あるいは誰かがあなたに事件を報告した場合。以下に例を挙げます:

    • 不適切な、あるいは望まれない接触や接触に関する青少年からの苦情。
    • 国際キワニス青少年保護指針に違反する行為。
    • 青少年および/または青少年と成人との間の不適切な行為および行動の報告。
ja日本語