キワニスはユニセフと協力し、世界中の母親と赤ちゃんを支援しています。

エリン・チャンドラー著 

キワニス・チルドレンズ・ファンド(Kiwanis Children's Fund)から新たに$275,000ドルの助成金を得て、ユニセフの母体および新生児を破傷風から守る活動を支援する。  

MNTは、貧困、教育不足、不十分な医療インフラにより、不衛生な出産習慣が一般的になっている地域に偏って存在する、痛みを伴う致死的な病気です。キワニスは2010年、ユニセフのMNT撲滅グローバル・キャンペーンに参加し、破傷風による新生児の死亡はそれ以来大幅に減少しています。  

世界保健機関(WHO)によると、2011年には毎日159人の赤ちゃんが破傷風で亡くなっていたが、2020年までにその数は66人まで減少した。1999年に出生1,000人当たり1人以上の新生児破傷風患者がいると評価された59の優先国のうち、ユニセフ、WHO、キワニスなどの努力により、47カ国がMNT撲滅を達成した。  

キワニス・チルドレンズ・ファンド(Kiwanis Children's Fund)からの助成金US$275,000は、MNTがまだ撲滅されていない12カ国において、生殖年齢にある女性を対象とした集団破傷風ワクチン接種キャンペーンを促進するために役立てられます。さらに、この助成金は、MNTの撲滅を監視・検証するための評価や調査にも役立てられ、撲滅活動の持続可能性を確保するための保健システムの強化にも役立ちます。  

今回の助成金は、パキスタンのMNT撲滅に向けたユニセフの取り組みに対し、子ども基金から50万米ドルの助成金が拠出されてから1年余りが経過してからのものである。この助成金は、パキスタンでポリオが発生し、壊滅的な洪水が発生したため、対象地域へのアクセスが困難になったため、今年に延長された。  

MNTがまだ撲滅されていない12カ国のほとんどは、同様に疾病の発生、紛争、危機を経験しており、信頼できる医療を提供することが困難になっている。ユニセフは、パキスタン、イエメン、中央アフリカ共和国などの国々で、破傷風ワクチンと必要なフォローアップ予防接種の提供に取り組む。また、MNTのレベルが再び上昇しないよう、清潔な出産とへその緒のケアの実践に関する教育と訓練を提供する。 

ユニセフのMNTとの闘いへの支援は、キワニスが世界中の子どもたちの健康増進のために行ってきた活動のひとつに過ぎません。キワニスはまた、予防可能な知的発達障害の主な原因の一つであるヨウ素欠乏症と闘うためにユニセフと協力している。キワニス奉仕リーダーシップ・プログラムは現在、「トリック・オア・トリート・フォー・ユニセフ」を通じて、「ブリック×ブリック」と「スタート・ストロング」のための募金活動を行っている:この2つのイニシアチブは、子ども時代の健全な発達と、成長し学ぶための安全な場所の確保が切っても切れない関係にあることを認識しています。 

キワニス子ども基金は、保健と栄養、教育と識字率向上、青少年指導力育成のためのプロジェクトを実施する世界中のクラブを支援し続けています。以下のことが可能です。ギフトを贈るあなたの地域や世界中の子どもたちを支援するために、今すぐ「子ども基金」にご寄付ください。 

ja日本語